2007年05月19日

ラツィオを噛む

セリエAのラツィオについて






久々に復活したツクダの考察です。
今回は、イタリアのサッカーチームについて噛みます。
実は、最近知り合った友人に熱烈なラツィオサポーターがいるんです!

さて、まずはラツィオというチームについて紹介します。
正式にはSSラツィオ」。
チームカラーは水色で、イタリアのローマを本拠地とするクラブです。
ローマといえば、トッティーなどが在籍している「ASローマ」も有名ですね。
この2チームの試合は「ローマダービー」と呼ばれ、サポーター同士のいざこざも絶えないほどの熱狂ぶりです。

ラツィオは1900年に創設されました。
それ以来、国内では

スクデット(国内リーグ優勝)2回

コッパ・イタリア(国内カップ戦)4回

イタリアスーパーカップ(日本のゼロックスのような試合)1回


海外では

現在のUEFAカップ1回

UEFAスーパーカップ(↑とチャンピオンズリーグ覇者の試合)1回


のタイトルを獲得しています。



自分もかつてはラツィオサポーターでした。
確か、00−01シーズンまで。
当時は元チリ代表のサラスと元イタリア代表ヴィエリが在籍していました。
点が取れないときの最大の武器はミハイロビッチのFK。
これが、面白いように決まるんです!!
そしてチームをまとめるのが、現インテルの監督を務めるマンチーニ!
とにかく豪華な布陣でした。
99−00シーズンは見事にスクデットを獲得!
それ以降、マンチーニが引退するなどで戦力がダウンしてしまいました。

しかし今シーズンは現在3位。
来シーズンのチャンピオンズリーグ(以下UCL)出場を決めています。
現在のラツィオには決して目立った選手はいないですが、とにかくチームが熟成されている感があります。
特に控え選手とレギュラーにそれほど戦力差がないので、UCLのような過密日程の中での試合には大いに期待できのではないでしょうか。

posted by 管理人 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>ツクダの考察
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。