2007年06月22日

U21欧州選手権準決勝

U21欧州選手権の準決勝








21歳以下のヨーロッパサッカーNO.1を決める大会、U21欧州選手権。
この大会は、来年の北京オリンピックのヨーロッパ代表国を選ぶ大会でもあります。

概要

8カ国を2つのグループに分け、各国の上位2チームが準決勝進出。
そして、準決勝に進んだ4チームが北京五輪出場となる。

ここまでの結果

グループA
1 オランダ
2 ベルギー
3 ポルトガル
4 イスラエル

グループB
1 セルビア
2 イングランド
3 イタリア
4 チェコ

オランダ・ベルギー・セルビアがオリンピック出場決定。
イングランドにはオリンピック参加資格はないため、イタリアとポルトガルのプレーオフで最後の1枠が決定。

準決勝

ベルギー vs セルビア

オランダ vs イングランド


結果

ベルギー0−2セルビア

オランダ vs イングランド


 
 
  
 


オランダ1−1(PK13−12)イングランド

イングランドについては1カ国1チームの原則により、出場資格がないようです。
イタリア対ポルトガルについては動画を見つけ次第、結果をお知らせします。
posted by 管理人 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>ツクダの考察
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。