2007年06月27日

ベノワのキャリアを振り返る

ベノワ







ほとんどの方はご存知でしょうが、クリス・ベノワ氏が亡くなりました。
WCW・新日本プロレス・ECW・WWEで活躍を見せてくれた、偉大なスーパースターです。

私が始めてベノワに出会ったのは、WWE時代でした。
初めて買ったWWEのDVDはロイヤルランブル2004。
当時はミステリオ目当てで買ったDVDでしたが、この大会のランブル戦からベノワは勢いに乗り、ついにレッスルマニア20で世界ヘビーのベルトを巻くことになります。

私がWWE時代のベノワを語るなら、「ロイヤルランブル」「エディ・ゲレロ」「カート・アングル」を選びます。


ロイヤルランブル

2004年大会、1番手でで出場したベノワは2番手のオートンと共に長時間リングに残り続けます。
そして最後の二人に残ったのは、ビッグショーとベノワ。
体格・残りの体力共にビッグショーが圧倒的有利でしたが、ベノワが見事に勝利!
1番手からの優勝は、史上2人目の快挙でした。



 
 
  
 




エディ・ゲレロ

新日本プロレス時代からの仲。
また、WCW・ECW・WWEで活躍したという経歴も一緒。
残念ながら、エディはすでに亡くなっています。
この二人の戦いは、本当に素晴らしい。
個人的に気に入っている試合はヴェンジェンスでのUS王座戦。
エディらしいズルもあり、面白い試合でした。
今回はWCW時代の試合を見てください。



 
 
  
 




カート・アングル

WWE時代最大のライバルであり、タッグパートナーでもあったのがカートです。
2003年のロイヤルランブルでの試合は、おそらくこれからも語り継がれるでしょう。



 
 
  
 








posted by 管理人 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>ツクダの考察
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。